読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桑田ってやっぱすごいなぁ。

11月末にボーイズリーグの特別アドバイザーに就任した、前パイレーツ投手の桑田真澄氏(40)=スポーツ報知評論家=が20日、都内で開かれた「ボーイズL関東ブロック指導者研修会」で講演会を行った。アドバイザー就任後の“初登板”に駆け付けた約250人のボーイズL関係者を前に、桑田氏は「育成指導の3か条」を提案した。

熱のこもった講演会の終盤だった。桑田氏は「ぜひこの3つを指導者の方々にはお願いしたい」と切り出した。基本となったのは、プロ生活23年を経験した桑田氏の実体験。将来の日本球界を背負って立つ“金の卵”たちと、預かった責任ある指導者たちに向けて、熱い思いを訴えた。

1塁へのヘッドスライディングは確かに無意味だよなぁ。駆け抜けた方が早いというのはもう10数年前から言われていることなのに、未だに一塁へのヘッドスライディングを「闘志あふれるプレー」と言う人がいるもんね。あと、そういえば少年野球とか中学校ぐらいの野球ってヤジるよね。「ピッチャーびびってる、ヘイ、ヘイ、ヘイ」とか。あれも意味ないよな。失敗OKというのも重要だよね。