読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小山力也さん曰く「人に話す、伝える、アドバイスすることとは」

メモ

ジャック・バウアーの中の人でおなじみの小山力也さんのブログから引用。

それからですねえ、この日、イベントの前の時間には、東放学園東京アナウンス学院にお招きいただきましてね、“特別講義”(お、おこがましいっす!!)として、生徒さんの前で、お話させていただく機会がありました!!

アニメのお話、吹き替えのお話、舞台のお話、いろいろ織り交ぜながら、自分なりの経験を振り返りつつ、心掛けている事、先人から教わった事、普段のトレーニング、こっそり出来るイメージ訓練、等々について、細かくお話させていただきました。

実はですねえ、人に話す、伝える、アドバイスするという事は、ものすごおく、こちら側の勉強になるんです。自分の中で曖昧な事は、正しく相手に伝わる筈がない、これ、まさにそうなんです!!自分の中で確信がないと、聞いては貰えない、受け止めては貰えない、共感しては貰えない、そうなんです!!だから人に何かを伝える為には、その内容を、しっかり具体化し、自分自身、充分信じられるものにしておく必要があるんです。だから、人にレクチャーするという事は、自分自身の記憶を瑞々しく甦らせ、それをしっかりと音声化、肉体化させ、なにがしかの感動を持って伝える、そんなふうに、自分自身を鍛え直す事に繋がるんです!!(なんだか、偉そうですみませんっ。でもでも、身をもって、そう感じます。)

本当におっしゃるとおり。