メモ:「女性差別的な文化を脱するために」関連の時系列

こういう主旨のブックマークコメントやツイートをみたのでメモ。

https://anond.hatelabo.jp/20220120112035anond.hatelabo.jp

呉座⇒北村の誹謗中傷については和解が済んでるからね。
和解後にオープンレターって手法でぶん殴って失職させてる。
しかもそのオープンレターが現状では偽造というほかない。
これを考えると今被害受けてるのは呉座で加害は逆側なんだよな

アゴラでもアゴラ編集部名義の記事で間違ったこと書いていたとのこと。
agora-web.jp


「女性差別的な文化を脱するために」に批判的な方が以下のように時系列をまとめている。上の認識は間違っている。

事実経緯:
2020/3-11呉座が北村批判,
2021/1/12機構任期なし内定,
3/17頃北村不快感,
3/20呉座謝罪,
3/24日文研「厳重注意」,
4/4北村オープンレター公開1300人署名,
7月呉座北村和解,北村は呉座謝罪文公開,
8月機構内定取消,
9月機構停職1月,
10月地位確認訴訟提起,
12月ユニオン団体交渉(敬称略)

追記(2022年1月30日)
呉座さんと北村さんの間で論争になり得たのは網野善彦に関する話だけで、あとは控えめにいって悪口です。呉座さんのTwitterの使い方のどの部分が問題視されたのかを知りたい場合はGoogleの画像検索で「呉座 Twitter」で調べると大体わかると思います。


呉座さんが北村さんに関してツイートしたことが誹謗中傷かどうかの判定は本人が誹謗中傷であると認めていて、両者で合意もしているのですから外野が判定することではないです。すでに消されてしまっているので当該ツイートそのものを示すことができませんが、以下のエントリーの真ん中あたりにあるとおり、呉座さん擁護のために北村さんを誹謗中傷するのをやめてほしいと呉座さん自身も述べています。

もし私を擁護する意図で北村さんを攻撃されている方がいらっしゃったら、それは私の望むところではありませんのでやめていただければ幸いです。私もそういう意見にすがり煽ってしまったところがあったかと思います。その点は責任を感じます。申し訳ございませんでした。
https://matomedane.jp/candy/page/73314内のスクリーンショットより)

追記ここまで

2021年3月20日
5chより

Yuichi Goza@goza_u1
【拡散希望】呉座勇一です。ツイッターにおける北村紗衣さんに対する一連の揶揄、誹謗中傷について深く反省し、お詫び申し上げます。謝罪の意思がなかったわけではなく、仲介者を通じて謝罪の意向を北村さんにお伝えしていたのですが北村さんからは「少し考えさせてほしい」と言われ、静観していました

Yuichi Goza@goza_u1 3月20日
私の不用意な発言によって、ますます事態を悪化させることを恐れ、仲介者を頼り、謝罪を後回しにしていたのは、私の心の弱さです。北村さんの名誉を傷つけ、アカデミズムの信頼を失わせ、多くの方のお気持ちを害したことを深くお詫び申し上げます。

Yuichi Goza@goza_u1 3月20日
ツイッター上で多くの方がご指摘下さったように、私の偏見は今さら矯正できないかもしれません。ただ公私を切り分けると申しますか、職場や学会などではそれが表に出ないよう努力してきたつもりです。そのストレスがツイッターに捌け口を求めてしまったのかもしれません。もちろん言い訳にはなりません

Yuichi Goza@goza_u1 3月20日
今後は2度とこのようなことを起こさないと誓います。ただ具体的な改善策・対応につきましては、私の浅知恵で考えるのではなく、皆様のご指導を賜りながら、少しずつ進めていきたいと思います。

Yuichi Goza@goza_u1 3月20日
なお、今回の件に関して複数の研究者の方が仲介を申し出て下さいました。仲介者にとってはリスクしかないにもかかわらず、不徳な私を助けようとして下さったご厚情に深く感謝致します。その人たちの御恩に報いるためにも、できましたら今後も研究活動を続けさせていただければ幸いに存じ上げます。

Yuichi Goza@goza_u1 3月20日
謝罪の直前まで自分を擁護するツイートをリツイート・いいねしており、反省の色が見られないとのご批判を受けました。正直なところ、ツイッターで総批判を受けて精神的に参ってしまい、少しでも自分を支持してくれる意見にすがってしまいました

Yuichi Goza@goza_u1 3月20日
もちろん私の心労は自業自得であり、誹謗中傷を受けた北村さんの方が遙かにお辛かったと思います。結果として、北村さんをはじめ、ますます多くの人を傷つける形になってしまったことを深くお詫び申し申し上げます。

2021年3月24日
www.kyoto-np.co.jp

digital.asahi.com

国際日本文化研究センター(日文研)助教の呉座勇一氏が女性研究者らを中傷する投稿をしたとしてツイッター上で謝罪した問題で、日文研は24日、発言は「個人の表現の自由を逸脱した良識を欠く行為」であり、呉座氏に対し、井上章一所長らが厳重注意し、女性研究者らに謝罪するよう指導したと明らかにした。

2021年4月2日
www.nichirekikyo.com

今般、日本中世史を専攻する男性研究者による、ソーシャルメディア(SNS)を通じた、女性をはじめ、あらゆる社会的弱者に対する、長年の性差別・ハラスメント行為が広く知られることとなりました。この行為は、「ハラスメント防止宣言」の趣旨と精神に大きく背くものです。歴史学系学会の連合組織として、日本歴史学協会は、この事態を深刻に受け止め、強い危機感をいだいています。

2021年4月4日
sites.google.com

2021年7月1日
saebou.hatenablog.com

3月末に起きた呉座勇一さんの問題について、代理人を介して行った交渉が決着し、先程正式な謝罪文が出ました。はてなをとくに指定したとかではなくウェブで公開ということなので、下に私のDropboxに保存したものへのリンクも置いておきます。

2021年9月13日
国際日本文化研究センター研究教育職員に対する懲戒処分等について

人間文化研究機構は、国際日本文化研究センター(以下、本センター)研究教育職員(当時)に対し、9月13日付けで停職1ヵ月の懲戒処分を行いました。

2021年10月25日
WebArchive: 懲戒理由

色々取沙汰されていますが、ジェンダーに関する不適切発言が最大の理由となっています(北村氏との和解前は北村氏への誹謗中傷がかなりの比重を占めていましたが)。
職場が女性蔑視的発言と認定したものは100件近くにのぼります(一例を挙げておきます)。

一連の発言を深く反省し、皆様に心よりお詫び申し上げます。現在、職場の紹介でジェンダー・フェミニズムに関するカウンセリングを受けております。ジェンダーに関する理解を深め、認識を改められるよう努力してまいります。

2021年11月1日
WebArchive: オープンレター

オープンレターが処分に影響を与えたか否かという議論が盛り上がっていますが、あまりにも自明のことのように思います。

2021年11月2日
ygoza.hatenablog.com

私のツイッター上での一連の不適切発言を正当化する意図はなく、あくまで労働問題として位置付けております。そもそも人間文化研究機構の内規には、テニュア審査を経てテニュア付与を決定した後にこれを「再審査」によって取り消す規定は存在しません。加えて、テニュア審査は学術的な評価基準に基づいて行われており、職務と関係のない私的な発言を理由に「再審査」し取り消すことは、事実上の懲戒処分であり、停職処分と合わせると同一理由に基づく二重処分となります。テニュア付与の取り消しは事実上の解雇であり、解雇権の濫用と認識しております。

2021年11月25日
www.kyoto-np.co.jp

訴状によると、呉座氏は2016年、任期付きの教員として採用され、今年10月から任期のない定年制の資格を与えて助教から准教授に昇格する決定を1月12日付で受けた。しかし、公開範囲を限定した個人のツイッターアカウントで、特定の女性研究者をおとしめるような投稿を長期にわたって続けていたことが3月に発覚。この問題などを理由に8月、再審査の結果として資格の付与を取り消す通知を受けた。