読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

博士に進むのはプロ野球選手を目指して進むのと同じだと良く言われるけど

発声練習

博士に進むのはプロ野球選手を目指して進むのと同じだと良く言われるけど、もしそうであるならば、亡くなった木村拓さんのこの言葉は本当に示唆的だと思う。

自分は「こういう選手になろう」と思ってここまで来た選手じゃない。こうやるしか思いつかなかった。それが「ユーティリティープレーヤー」、「何でも屋」で、それでもこの世界で食っていける。「レギュラーになる、エースになる」だけではない。巨人の藤田宗一投手は、中継ぎ登板だけで自分と同じ歳までやっている。それで飯が食える、それがプロ野球。「俺が一番うまい」と思って入団して、一番得意だった事がうまくいかない。それもプロ野球。その時にあきらめるのではなく、自分の話を思い出してほしい。投げ出す前に、自分自身を知って可能性を探るのも必要ではないか。