メモ:徳島阿波踊り

2020年日本夏時間導入可否問題から妄想する太陽系移住時代に対応したソフトウェアの時刻対応

ほぼ、タイトルで言いたいことは尽きている。

メモ:日本に「サマータイム」を導入すると懸念される事柄にまとめているとおり、2020年の東京オリンピックに向けて日本標準時間(JST)を2時間早める日本夏時間の導入が検討されている。それにともない、主にICT業界から「コンピュータの時刻の対応どうすんだよ!」と大批判が上がっている。

で、以下のエントリー。Unix・Linuxで使われているTime Zone Databaseを書き換えることで日本夏時間を実現してみますよという内容。非常にきれいに対応できている。
qiita.com

じゃあ、今回の日本夏時間の導入はこんな風に簡単にできるのかというところなのだけど、そういうわけにはいかない。その理由は上記エントリの後半部分にあるとおり。

で、ここから妄想。太陽系内の惑星や惑星の衛星にて水の存在が確認されている。
www.bbc.com

jp.reuters.com

そして、「火星の人」の映画がヒットした。

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

現実世界でも火星でジャガイモを育てられるか実験が行われている。
www.afpbb.com

十数年後から数十年後に太陽系内に人類が移住する時代が来るかもしれない。太陽系移住時代には地球とデータ通信をする場面は必ずある。そんなときはUCTをベースにして月時間や火星時間を計算できないといけない。火星移住初期は火星標準時間は1つでも構わないと思うが、移住基地が増えるに従い火星の中で複数の標準時間が作られる時代が来る。

現在、ソフトウェアを作成するときに国際化(internationalization, i18n)を考えなければいけないように、こういう時代に向けて時刻を扱ういろいろなアプリの現地時間をOSのTime zoneに合わせて修正できるようにしておく必要があるのではないかなと妄想した。おわり。

追記:宇宙船や国際宇宙ステーションのオペレーティングシステム

Unix・Linux系なのだろうなぁと思っていたけどそうでもないみたい。

国際宇宙ステーションは大きくわけて3種類のコンピュータがあるとのこと。

  1. 国際宇宙ステーション自体を制御するコンピュータ:
    • 国際宇宙ステーションのロシア区画の生命維持装置などを制御するコンピュータは the Data Management System - Russia (DMS-R)といい、それのOSはVxWorks
    • アメリカ区画の生命維持装置などを制御する50台を超えるコンピュータをつなげたシステムをMultiplexer / Demultiplexerという。OSはThe USOS multiplexer/demultiplexers。このOSはプログラミング言語Adaで書かれているとのこと。
  2. 上のコンピュータにアクセスするためのコンピュータ
    • ロシア側はRussian Laptopsと呼ぶコンピュータ。Linuxベース
    • US側はPortable Computer System(PCS)と呼ぶコンピュータ。Linuxベース
  3. その他、国際宇宙ステーション自体を制御するコンピュータには接続されないコンピュータ(普段使いのコンピュータ)
    • Station Support Computers(SSC)と呼ばれる。Windowsベース。

以下の記事はPCSがLinuxベースになったという記事っぽい。

以下の記事はISSで使われるOSがWindowsからLinuxベースになったといわれているが、それはPCSについてでSSCについてはWindowsベースのままだよ。なぜなら、世界中でWindowsが使われている理由と同じで、普段使っているOSがWindowsだからという記事。

カフェパウゼで法学を 対話でみつける<学び方>

ブログカフェパウゼをあなたとの運営者ぱうぜさんこと横田明美さんの著書をご恵贈いただいた。

法学部の大学生ならば大学での学び方(特に高校との違い)を実感し、どう対処するのかを学ぶ基準を作るために大変役に立つと思う(仮に全面的に賛成しなくてもたたき台として役に立つ)。人文学や社会科学系の大学生にとってもいろいろと役に立つことがあると思う。その他の理工医農系の学生だと中盤(2年生まで)は役に建つけれども、3年生以降は法学カスタマイズなのでちょっとつらいかも。

大学院生および大学教員にとっては法学系だけでなくても役に立つと思う。自分が学んできた自分野の学び方、文章の書き方がある程度の一般性を持つということを確認できるので。

光栄にも pp. 292--293およびあとがきで当ブログの名前を挙げていただだいていることもあって、第I部(1年生)および第II部(2年生)で紹介されている多くの考え方や技法は、私にとってはなじみ深いものであった。なので、ほぼ全面的に賛同する。第III部(3年生)からは法学およびぱうぜゼミに特化されている内容になるので興味深く読んだ。

第III部および第IV部を読んで、ずっと思っていた素朴な疑問「法学部卒業して、弁護士にならない人はいったいどういう職に?」に答えをもらった気分。日本は大学生1年生から専門分野にわけることが多いので、他分野に進んだ時に大学時代がどう役にたつ可能性があるのかを教員も意識した方がよいよなぁと思った。また、 pp. 268--269のColumn 9で紹介されていた法学部と経済学部のコラボ講義は非常に興味深かった。

他、第I部(1年生)および第II部(2年生)の感想ツイート












追記

最後の方にいつも聞いているSessin 22で取り上げていた特集 【音声配信】特集「災害から生活を再建するために知っておきたい法律の知識とは?」岡本正×荻上チキ2018年7月19日(木)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」平日22時〜)でお話しされていた岡本正弁護士が紹介されていて「いろいろつながるなぁ」と思い、面白かった。

メモ:日本に「サマータイム」を導入すると懸念される事柄

過去の経緯

日本は終戦直後に深刻な電力不足に見舞われ、連合国軍総司令部(GHQ)の指示で昭和23年にサマータイムが実施された。だが労働時間が伸びた上、「疲れる」などの反発が国民から上がり27年に廃止された。

安倍晋三首相は、2020年東京五輪・パラリンピックの酷暑対策として、サマータイムの検討を与党自民党に指示した。夏の一定期間、時刻を1~2時間程度前倒しすることで、暑い時間帯の競技を避けることをねらう。だがIT業界や政府の事情に詳しい楠正憲氏は「サマータイムは70年前にも導入され大失敗している。デジタル化により悪影響はさらに深刻化するだろう。導入は見送るべきだ」と指摘する――。

省エネ

サマータイムの導入を想定し、すべての人々が生活時間を1時間前倒しすると、14時の電力需要が抑えられる一方、帰宅によって16時に家庭での電力需要が増加し、業務と住宅を合計した最大電力需要は引き上げられる可能性があることが判明。逆に1時間後ろ倒しした場合は、15時にわずかに電力需要が増加しますが夕方には減少するため、他の対策と組み合わせれば有効な手段となる可能性があります。

海外の状況

[ブリュッセル 8日 ロイター] - 欧州議会は8日、フィンランドの提案を受け、欧州委員会に夏時間廃止の是非を検討するよう求める動議を採択した。

欧州連合(EU)の法律では、1990年代から、3月最後の日曜日に時計を1時間進め、10月最後の日曜日に元に戻す夏時間を採用するよう定めている。

EUで最も北方に位置するフィンランドは1月、7万人を超える嘆願署名が集まったとして、夏時間廃止を提案した。

夏時間反対派は、特に子供や老人で、長期的な健康問題を生むとしている。また、時間の変更によって睡眠が阻害され、仕事の生産性に影響するとの調査もある。

一方賛成派は、冬季に朝の日光が増え、夏季には午後の日が伸びるため、交通事故が減りエネルギー節約につながると主張している。

欧州議会でも様々な意見が飛び交った。

欧州議会が17年10月にまとめたリポートは、夏時間が体内時計に及ぼす影響が従来考えられていたよりも深刻な可能性があると指摘した。注意不足から事故を招いたり、心臓発作のリスクを高めるなどの健康被害につながるとの研究成果を紹介している。エネルギー消費をめぐっては、電気製品の普及で日照時間とは関係なく使われる電気製品が増え、夏時間の効果はごくわずかだとの批判の声も出ている。

孔子はさすがだね「過ちて改めざる、是を過ちという」

過去に行った差別的発言が発掘されて現在の仕事やポジションを失うという話が結構続いている。
www.sponichi.co.jp

www.afpbb.com

確かにそういう発言はして良いものではないが謝罪して、改めているならば受け入れるというのもあって良いと思う。孔子曰く、「過ちて改めざる、是を過ちという」

その良い事例があったのでメモ。

エントリーの発端

以下のツイート読んで、そんな人がいるのかと調べてみたら感動的なまでの勉強ぶりだった。


大河内氏が稲田議員秘書になる際のエントリー

議員辞職のご報告 ~ 感謝と御礼 | 大河内茂太オフィシャルサイト

この度の議員辞職の理由は以下の通りです。

LGBT関連の失言を切っ掛けに、二年前、自民党政務調査会性的指向・性自認に関する特命委員会にオブザーバー参加させていただいて以来、自分の声が直接国政に反映されていくダイナミズムに触れ、日本におけるLGBT理解増進の1ページを紡ぐ瞬間に立ち会えることに喜びを感じ、やりがいをもって取り組んで参りました。

しかしながら、未だ自民党内でのLGBTへの理解は十分に進まず、理解増進法の実現は難航しています。

このような状況において、自分自身が主体となって国政で力を尽くしたい、たとえ今は議員秘書という間接的な立場ではあっても、なんとしても国政に携わりたいと強く思うに至りました。

これからお仕えする稲田朋美衆議院議員は上記性的指向・性自認に関する特命委員会を立ち上げてくださったご縁とご恩のある方です。

上記のLGBT関連の失言(2015年6月)

matome.naver.jp

大河内氏の発言への非難
emajapan.org

レズビアンやゲイなどの性的少数者(LGBT)の支援施策を検討している兵庫県宝塚市議会で、自民党の大河内茂太議員が6月24日に本会議において、「(支援条例が制定され)宝塚に同性愛者が集まり、HIV(エイズウイルス)感染の中心になったらどうするのか、という議論が市民から出る」と発言したのに対し、別の議員が「不適切」と取り消しを求め、議事が中断したと報道されています。

EMA日本は、こうした性的少数者への無知と誤解に基づく差別的発言を強く非難します。

発言についての謝罪および取り消し


私から申し出た質問内容の一部取消が、本日(29日)の本会議で正式に確定しました。

取り消したのは、HIVの感染経路に関する本年4月8日付の朝日新聞の記事を紹介している部分、及び報道されているように「条令ができた場合、『同性愛者が集まり、HIV感染の中心になったらどうするんだ』という議論も市民から起こると思う」という趣旨の発言部分です。

先日の議会運営委員会終了後、マスメディアを通して正式に謝罪いたしましたが、ここでも改めて謝意を表します。

心からお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。

平成27年6月29日   大河内茂太

その後の大河内氏の取り組み(本人のブログより)

大河内氏の保守向け(主に自民党支持者向け)のLGBTに関する説明

人口の5%前後がLGBTの当事者というわけで、ご家族を含めてどなたの周りにも隠れた当事者が何人かはいる計算です。LGBTの課題解消には与党自民党の理解が必須ですが、未だに誤解が解消されていない状況です。

誤解の第一は「LGBTが趣味や嗜好の問題だ」というものです。LGBTは生得的なもので、後天的な趣味や嗜好ではありません。

第二にLGBTへの理解が進んでも、(そのことを原因としては)「少子化」は進みません。また万が一、同性婚が認められたと仮定しても、(そのことを原因としては)「少子化」は進みません。なぜなら、(バイセクシュアルを除いて)LG(B)Tが子供を産む可能性は「そもそも」ほぼないからです。同性婚を制度化している欧米の統計でも実証されています。

第三にLGBTは現に存在する「実在」であり、思想的・観念的に性差を否定する左派的「ジェンダーフリー」とは異なります。この点、保守派の一部がシャルル・フーリエからマルクス・エンゲルス・レーニンに至る家族解体思想を警戒するのは理解できますが、LGBTの問題を一括して共産主義的策謀と考えるのは間違いです。むしろ一部の革 新勢力がLGBTを利用していることこそを警戒すべきだと思います。

第四に自民党が施策の主体である限り「同性婚」や「過度な支援」には否定的です。
私は保守派の仲間向けには「LGBTの皆さんも等しく天皇陛下の大御宝である」ことを訴えて理解を求めています。
「LGBT自民足踏み」~最近の新聞記事からより)

繁内幸治氏の取り組み

そんな中、去年(2015年)の4月に宝塚市議会議員の大河内茂太さんが、議会で不適切な発言をしたことを覚えてらっしゃいますか?

実はその前の年(2014年)にも、自民党の兵庫県議会議員がひどい発言をしたことがあったんです。

その時、私はたまたま神戸を留守にしていました。その間に、当該県議に対して当事者始めいろいろな方からの非難が集中してしまい、県議本人が心を閉ざしてしまうという最悪の事態になってしまいました。私が神戸に戻ってから県議ご本人に電話をかけても、
「そんなこと言っても、どうせあんたも他の人と一緒やろ、もうええわ!」
と切られてしまったんです。
これは自民党に行かないとどうしようもないと思って、初めて自民党兵庫県連の幹事長にお会いして、
「できるだけソフトランディングさせたいんで、幹事長からご本人に説明して欲しい」
とお願いしたんです。そしたら幹事長も「わかった」ということで電話してくれたにも関わらず、ご本人は、「もういい」と言って幹事長の話すら聞こうとしなかったんですね。
攻撃した人たちは、思いが強すぎて結局、県議ご本人を追いやってしまったわけです。
議員は次の選挙で落選してしまいました。おそらくご本人の中では憎しみが残っているだろうと思われます。
私は、地元に根ざしたNGOは、地域に対して責任があると考えているので、この件は今でも宿題だと捉えています。憎しみの連鎖や固定化が起きないようにしたいのです。彼もLGBTのことでは対応が極めてまずかったけれども、他の部分ではいいところもあるようにも思っています。
で、先の大河内さんの発言があった後、当日の夕方、大阪の旧知の弁護士から連絡をもらったんです。

「今日、宝塚の市議会で自民党の議員が問題発言をしている。明日の神戸新聞の朝刊に載るようだ。去年の県議のようにならないよう早く動いて欲しい」と。
神戸新聞朝刊の主要な記事は、日付の変わる0時にインターネットで先行して流れますので、「それを確認したら大河内さんに連絡します」と、知人の弁護士には伝えました。
で、0時にニュースがアップされたのを確認してから、面識のない大河内議員にfacebook経由で連絡させてもらったら、すぐにご返信頂いたので、私の考えを丁寧に説明したんです。
「私は神戸のNGOの代表です。今後あなたに対する当事者団体等から様々な非難が起こるでしょうが、私は決してあなただけを一方的に非難しない。今回の発言の真意を聞かせていただき、これからどういう風に解決していけるのか一緒に考えたい」
とお伝えしました。すると2日後には、BASE KOBEの事務所に大河内議員がいらしてくれたんです。
お会いしたら分かりますよ、大河内さんが差別主義者じゃないことは。
初対面で約3時間お話しして分かったのは、大河内さんの発言は誤った一方的な情報を基にした不適切なものであって、根底に差別意識はないだろう、ということでした。
それならば、彼を差別主義者として当事者団体等が追い込んでしまうのは誤りであって、地元の当事者団体の代表でもある私がこの人と向き合って、彼が抱えているモヤモヤとしたものをきちんと勉強してもらうことで整理してもらい、願わくば理解者になってほしいと考えたのです。
それから彼に対してはずーっとレクチャーし続けたんです。面談や電話を合わせて1000時間くらいでしょうか。交わしたメールも膨大な数です。お忙しい中で、本当によくお付き合いいただけたと思いますよ。
自民党の性的指向・性自認に関する特命委員会の真実を直撃。 その1「なぜ自民党が特命委員会を立ち上げたのか?」 | Letibee Lifeより)