読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ: 疑似科学とされるものの科学性評定サイト

私は「疑似科学とされるものの科学性評定サイト」は良い試みだと思っているのだけど、「ニセ科学」批判のキクマコさんは違う評価みたい。なのでメモ。

ホーム | 疑似科学とされるものの科学性評定サイト

Twitterのコメント









togetter.com

情報のフィルタリングの基準としては一理あると思う。

石川研究室

社会学の人だと思っていたけど、違うのね。第5世代コンピューティング経由の方なのでどちらかというと情報系みたい。

バックグラウンドが複雑。

  • 1982年3月:東京工業大学 理学部 応用物理学科 卒
  • 1983年3月:東京工業大学 総合理工学研究科 物理情報工学 中退
  • 1995年3月:東京農工大学 大学院工学研究科物質生物工学専攻 論文博士
  • 1996年4月 - 1997年3月 明治大学 法学部 兼任講師
  • 1997年3月 - 2002年3月 明治大学 文学部 助教授(情報科学センターで各種情報論を担当)
  • 2002年4月 - 2003年3月 デューク大学 工学部 客員研究員(超心理学のメッカであるライン研究センターに滞在し、超心理学の歴史と現状を調査研究する)
  • 2002年4月 - 2004年3月 明治大学 文学部 教授
  • 2004年4月 情報コミュニケーション学部 教授

cruel.hatenablog.com

私の感想

プロジェクトの提案者が科学的なやり方をしていないので、そのプロジェクトを信用しないというのは情報フィルタリングの基準としてありだと思う。一方で、提案者がどういう人であれ「他者が検証しやすい形で情報を提供している」のは良いのではないかと思うので、このまま、ブラッシュアップしていっていただきたいところ。私の認識では Wikipediaのあり方と一緒に見える。

ただ、ニセ科学批判者の権威として扱うのはうまくないように思う。あくまでもプロジェクト起草者として敬意を払う感じで。

センター試験は暖かい恰好で

2017年1月14日(土)、15日(日)は寒気の影響で全国的に寒いようです。
weathernews.jp

高校でどのような指導がされているのかについてわかりませんが、センター試験の受験時の服装はその後の個別試験に一切影響しません。たとえ、試験会場が受験を予定している大学であってもです

ぜひ、最高のパフォーマンスを出せる格好で受験しましょう。

RSpecでのrequire specについてのエントリーリンク

最近のRails開発ではコントローラーのテストをあまりやらないとのこと。

Rails 5 では、 assigns と assert_template が soft deprecated になりました。 コントローラーテスト自身は deprecated にはなっておらず、 :type => controller メタデータを spec に指定するのは未だ完全にサポートされています。 Rails 3 と 4 において、controller spec の assigns は慣用されてきました。 今回の RSpec 3.5 はマイナーリリースであり、私たちは SemVer に準拠する以上、 既存の controller spec を壊さないようにしています。 既存の Rails アプリケーションで assigns を多用しているものについては、 rails-controller-testing gem を Gemfile に追加することで assigns と assert_template を復活させることができます。 RSpec はこの gem とシームレスに連携するため、controller spec は問題なく動作し続けるはずです。


これから新しく作成する Rails アプリケーションについては、 rails-controller-testing gem を追加するのはおすすめしません。 Rails チームや RSpec コアチームとしては、代わりに request spec を書くことを推奨します。 Request spec は一つのコントローラーアクションにフォーカスしますが、 controller spec とは違い、ルーターやミドルウェアスタック、Rack リクエストやレスポンスも関与します。 これによって、より現実に近い環境でテストを実行し、controller spec で発生しがちな多くの問題を避けることができます。 Rails 5 では、request spec が Rails 4までの request spec や controller spec よりもかなり高速になっています。 これは Rails チームの Eileen Uchitelle1 のおかげです。

RSpec 3.5 がリリースされました!より)

リクエストスペックはAPIを作成する場合のテストとして使われていた様子。

コントローラーテスト

Having multiple values in <test> isn't supported and may not work as expectedという警告

Ubuntu

現象

Ubuntu 16.04LTSにアップグレードしてからemacsを起動する際などに以下のエラーメッセージがでるようになった。

Fontconfig warning: "/etc/fonts/conf.d/69-language-selector-ja-jp.conf", line 126: Having multiple values in isn't supported and may not work as expected

環境

% more /etc/lsb-release 
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=16.04
DISTRIB_CODENAME=xenial
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 16.04.1 LTS"
% emacs --version
GNU Emacs 24.5.1
Copyright (C) 2015 Free Software Foundation, Inc.
GNU Emacs comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
You may redistribute copies of Emacs
under the terms of the GNU General Public License.
For more information about these matters, see the file named COPYING.

解決法

/etc/fonts/conf.d/69-language-selector-ja-jp.confの以下の部分がダメらしい。各stringをtestタグで囲む必要があるとのこと(参考:Fontconfig - FreeBSD/footnote

    <match target="font">
        <test name="family" compare="contains">
            <string>IPA Pゴシック</string>
            <string>IPA P明朝</string>
            <string>IPA モナー Pゴシック</string>
            <string>IPA モナー P明朝</string>
            <string>IPA モナー UIゴシック</string>
            <string>IPA モナー ゴシック</string>
            <string>IPA モナー 明朝</string>
            <string>IPAexゴシック</string>
            <string>IPAex明朝</string>
            <string>IPAゴシック</string>
            <string>IPA明朝</string>
            <string>Takao Pゴシック</string>
            <string>Takao P明朝</string>
            <string>TakaoExゴシック</string>
            <string>TakaoEx明朝</string>
            <string>Takaoゴシック</string>
            <string>Takao明朝</string>
            <string>UmePlus Gothic</string>
            <string>UmePlus P Gothic</string>
            <string>VL Pゴシック</string>
            <string>VL ゴシック</string>
            <string>さざなみゴシック</string>
            <string>さざなみ明朝</string>
            <string>東風ゴシック</string>
            <string>東風明朝</string>
            <string>梅Pゴシック</string>
            <string>梅PゴシックC4</string>
            <string>梅PゴシックC5</string>
            <string>梅PゴシックO5</string>
            <string>梅PゴシックS4</string>
            <string>梅PゴシックS5</string>
            <string>梅P明朝</string>
            <string>梅P明朝S3</string>
            <string>梅UIゴシック</string>
            <string>梅UIゴシックO5</string>
            <string>梅ゴシック</string>
            <string>梅ゴシックC4</string>
            <string>梅ゴシックC5</string>
            <string>梅ゴシックO5</string>
            <string>梅ゴシックS4</string>
            <string>梅ゴシックS5</string>
            <string>梅明朝</string>
            <string>梅明朝S3</string>
        </test>
      以下略

以下のように変える。

    <match target="font">
        <test name="family" compare="contains">
            <string>IPA Pゴシック</string>
        </test>
        <test name="family" compare="contains">
            <string>IPA P明朝</string>
        </test>
      以下略

それにしても、こんなに日本語フォントいれたかな?

Wanderlust (wl)で"wrong-type-argument number-or-marker-p nil"

仕事しようと思って休日出勤したら、このエラーで2時間。つらい。

現象

Wanderlustで、inboxフォルダに移動すると「wrong-type-argument number-or-marker-p nil」とミニバッファに表示される。この結果、新着メール(すべてinboxに届く)が読めない。

対応

前回、おなじことあったなぁと思ってGoogleで検索したところ微妙に違うけど似たような事例があった。

まず、エラーメッセージを表示させる。エラーメッセージが前回と違う。

Debugger entered--Lisp error: (wrong-type-argument number-or-marker-p nil)
  <(nil 58521)
  sort((〜省略〜) <)
  elmo-list-diff((〜省略〜) (〜省略〜))
  wl-summary-sync-update(unset-cursor nil nil nil)
  wl-summary-sync-force-update(unset-cursor)
  byte-code(〜省略〜)
  wl-summary-goto-folder-subr(#("+inbox" 0 6 (wl-folder-entity-id 1 wl-folder-is-group nil)) update nil nil t)
  wl-folder-jump-to-current-entity(nil)
  call-interactively(wl-folder-jump-to-current-entity nil nil)
  command-execute(wl-folder-jump-to-current-entity)

現象としては、inboxから別のフォルダに移動させたメール(メールID 58521を含む)がいまだにinboxに表示されている。実際の~/Mail/inboxには当該メールは存在しない。その結果、elmo-list-diffなどで失敗している雰囲気。

いろいろ試行錯誤した結果、「wl-summary-sync-update」で検索して見つかった 公式マニュアルに記載されている wl-summary-sync を実行してmsgdbを作りなおすことでうまくいった。

  • all-entirely 現在の msgdb の内容を破棄し、全情報を取り寄せ直します。killed メッセージも取り寄せ直します。

wl-summary-syncのレンジ一覧より)

今回、不具合があった inboxに移動し、「M-x wl-summary-sync」で、Rangeを「all-entirely」とした。

以上、メモ。