読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アステイオン 84号(2016年春)

読書

アステイオン84号をご恵投いただいた。ありがとうございます。
www.suntory.co.jp

特集は「帝国の崩壊と呪縛」。素人からすると「どういうこと?」という特集名。池内恵さんが巻頭言を担当されている(【寄稿】『アステイオン』第84号の特集「帝国の崩壊と呪縛」を編集)。

読んだ記事の感想を箇条書きで。

  • 通崎睦美:愛しの木琴デイズ
    • 木琴とマリンバというのが別の楽器であるということに驚き。そして、木琴というのが最新楽器でソロ演奏が楽しまれるようなものであったのにも驚き。
  • 国末憲人: 現代イスラム政治研究者ジル・ケペルに聞く 欧州ホームグロウンテロの背景
    • "過激派側は「フランスでイスラム教徒は虐げられている」などと主張し、自分たちがムスリム一般の代表であるかのようにふるまう。しかし、これは暴力を正当化するための単なる口実に過ぎない。もちろん、口実を設けられれないよう、格差を是正したり差別をなくしたりする努力は重要だが、それで彼らがテロをやめるわけではない。閉鎖的なテロ集団が何を狙い、どう動くか。その戦略をしっかり把握し、対策を練る姿勢が欠かせない。"
    • "テロと向き合う文明社会に必要なのは、彼らに対して恐れおののくことではない。その深淵をこちらからしっかりと見つめることだ。そうしてこそ、打開の糸口が見えてくる。"
  • 池田明史: 溶解する中東の国家、拡散する脅威
    • 大局的(世界的)にも、局所的(局地的)にも解決の見通しが見えないという現実をつきつけられてずーんとした記事。でも、それが現実なのでずーんとするしかない。
    • それぞれのプレイヤーがよかれと思った/利益最大化を狙った行動が大局的には悪い展開になっていくのはうーん。何に価値をおくかで何の政策がよいのかかわるわけなのだけど。
    • 非常に勉強になった
  • 小泉悠:ロシアにとっての中東 ― 新たなパワーゲームへの関与
    • Session 22でたまにゲストにでているロシアの軍事に関する専門家の小泉さんの記事
    • Session 22でロシアは臆病な国家と言っていたけどそれを補助線としてこの記事を読んだ
    • ロシアの中東関与もなかなかくねくねした理由らしい。池田さんの記事とあわせて、中東の状況改善は遠い感じ。
  • 廣瀬陽子:帝国の落とし子、未承認国家
    • 雑学的に大変勉強になった。
    • ja.wikipedia:事実上独立した地域一覧
    • Synodos: 国家のあり方を読み解く「未承認国家」という鍵『未承認国家と覇権なき世界』著者・廣瀬陽子氏インタビュー
    • 未承認国家の定義について→"現在、最も現状に即していると筆者が考える定義は、ニーナ・カスバーセンによる、以下五項目からなるものだ。1. 未承認国家は、主要な都市と鍵となる地域を含み、権利を主張する領域の少なくとも三分の二を維持し、事実上の独立を達成している。2. 指導部はさらなる国家制度の樹立と自らの正当性の立証を目指す。3. その政治的な構成体(エンティティ)は公式に独立を宣言しエチル、ないし、たとえば独立を問う住民投票、独自通貨の採用、明らかに分離した国家であることを示すような同様の行為を通じて、独立に対する明確な熱望を表明している。4.そのエンティティは国際的な承認を得ていないか、せいぜいその保護国・その他のあまり重要でない数か国の承認をうけているに過ぎない。5. 少なくとも二年間存続し続けている(Caspersen 2012)."
    • この記事の表1「現存する未承認国家概略」より未承認国家一覧。アブハジア共和国(from ジョージア)、ナゴルノ・カラバフ共和国(アルツァフ共和国)(from アゼルバイジャン)、ソマリランド共和国(form ソマリア)、南オセチア共和国(from ジョージア)、沿ドニエストル・モルドヴァ共和国(from モルドヴァ)、北キプロス・トルコ共和国(from キプロス共和国)、パレスチナ国(from イスラエル)。ボーダライン(承認国家では?という国)、コソヴォ共和国(セルビア共和国)、台湾(from 中国)
    • 結びのクリミアがロシアにおいてどういう歴史的意味を持つのかの説明も興味深い。
  • 岡本隆司: 清朝の崩潰と中国の近代化
    • 「漢人」「藩部」「朝貢」「互市」という4層構造。
    • 日本は最初「朝貢」対象だったけど、「互市」対象であったヨーロッパ諸国を真似て、「互市」対象になり、清に圧力をかけていった。この経緯が藩部に及ぶことを恐れた清や中華民国は藩部の独立を防ぐために併合していったとのこと。
  • 齊藤茂雄:古代トルコ系遊牧民の広域秩序
    • 中国北辺の遊牧民族からみた中華との付き合い方の話
    • トルコという言葉がでてくるけどメインは突厥
    • 脅威とはみなしていたけど、騎馬戦力として中華側も利益を得ていたとのこと。
    • 持ち運べて換金性の高いものが遊牧民にとって重要→絹が貨幣代わり
  • 森井裕一:国民国家の試練 ― 難民問題に苦悩するドイツ
    • ずーんとした記事その2.

特集はここまで。どれも面白い記事だった。

  • 砂原庸介: 領域を超えない民主主義? ― 広域連携の困難と大阪都構想
    • 地方議会のあり方について検討をうながす論考
    • なんで地方議会は党派が弱いのかといえば、それは選挙制度に由来するとのこと。
    • 大阪の維新の会を例に分析されている

続くかも。

大学などの卒業式で定番の女性の袴姿は明治期のリノベーション

Togetter: 女子大生が卒業式に袴を着るのが一般化したのは、いつくらいなのかな?ブックマークコメントで紹介があった袴の由来。

www.nhk.or.jp

上サイト内の該当部分。


明治初期、女学生はなんと、男性用の袴を履いていたんです!
その姿は、「醜くあらあらしい」と、世間の批判を浴びました。
すぐに、男袴の着用は廃止されます。

しかし数年後、袴復活に、ある人物が立ち上がります。
明治の教育者・下田歌子です。
現在の現在の学習院女子中・高等科、華族女学校の教授をしていました。
せっかく女性が社会に出て行ったのに、ここで逆戻りしてはいけないと、女性のための袴作りに挑みます。

歌子は、宮内省で皇后に仕えていた経験を生かし、女学生のための「海老(えび)茶袴」を考案します。
宮中の袴を参考に、プリーツを入れてスカート状にし、より動きやすくしました。
色も、宮中の未婚女性が身につける色に基づき、「海老茶色」としました。
この袴は人々の支持を集め、全国へと広がっていきました。

歴史的経緯の話は田中 淑江 他: 卒業式に見る袴の現代的着装の研究(1), 共立女子大学家政学部紀要, Vol. 61, pp. 11-47, 2015年1月. のpp. 16 -18にある「袴の概要」にもあった。

  1. 明治5年 学制の発布により女性にも教育が義務付けられる
  2. 東京女学校(お茶の水大学の前身)の設立にともない、学生の服装に関する問い合わせが文部省から太政官になされる
    • 文部省「羽織と袴でどうか?」
    • 太政官「羽織と袴だと男女の区別つかないから、袴だけにしてはどうか?あと、洋装も考えては?」
    • 文部省「では袴採用します」
  3. 明治8年 東京女子師範学校(東京女学校が廃校になった後に作られた学校)の制服としても袴採用。スカート状でなくズボン式(襠がある)。
  4. 同8年 跡見学校では紫紺の行燈袴(檎無)を採用。
  5. 明治18年 華族女学校で制服として指定した袴が上のNHKの話。
  6. 明治 32年に高等女学校令が公布、女子袴が一気に拡大、普及した。

1990年の女子大生・女子短大生にとって卒業式で袴姿というのはメジャーだった様子。レンタルが商売としてなりたっているのでもっと前から一般的だとは思う。

出典はないけれども

明治・大正のころは女学生が日常的に着ていた袴。

しかし昭和に入り、女学校の制服に洋装のセーラー服が浸透してくると、着物と袴は姿を消していったようです。

女子師範学校で着られていた名残からか、教師が卒業式のときに着用するくらいでした。

昭和38(1963)年頃から和服ブームが起こり、卒業式に和服で出席する女子大生が増えました。
紋付きの小振袖に袴と草履という出で立ちでした。

その後『はいからさんが通る』(コミック1975年、アニメ1978年、映画1987年)が大人気となり、それまでブレザースーツやワンピースの方が多かった大学の卒業式に、一気に袴姿が増えました。
歳時歴:卒業式と袴より)

有料のダウンロード版TBSクラウドをぜひ

ショック。

スマートフォンで音楽を聞く文化の浸透、欧米が先行したポッドキャストの流行などもあり、直近では月間コンテンツダウンロード数5000万、ユニークブラウザ数300万と、“世界有数のポッドキャスター”に成長していたという。

終了の理由は「現状の運用ではマネタイズできるめどが立たないため」。維持費や管理費を鑑みると、経営的にはクローズの判断をせざるを得ないが、これだけユーザーがいる以上、なんとかして存続できないか――と、1年以上かけて検討を重ねたという。

広告商品も検討したが、ダウンロード型である以上、実際のアクティブユーザー数の把握が難しいことがネックになった。有料化への移行という案もあったが、これまでのユーザーになるべく変わらず使ってもらいたい。ラジオ局として新たなビジネスを模索する上でも、ストリーミングサービスを新たに立ち上げ、従来と違うマネタイズを目指す結論に至ったという。

ストリーミングだとWifi環境にないときに聞くのが難しいので、お金払うからダウンロードさせてほしい。Session 22を聞くようになったのもポッドキャストのおかげだったのだけど残念。

過去の自分に殴られる

メモ

2011年に以下の発言をしていたらしい。今日、RTされていて自分がこんなこと言っているのに気が付いた。なかなか良いこと言っているのだけど、現時点での自分はこれをできていないので胸が痛い。

授業でWikipedia編集を行わせるときに気を付けるべきこと

はじめに

2016年5月28(土)-29日(日)にかけて新宿の工学院大学で行われる日本科学史学会大会のシンポジウム「ラウンドテーブル:ウィキペディアと科学史――知識とコミュニケーションを考える」にて、授業でWikipedia編集を行わせるときに気を付けるべきことがまとまっていると良いねという話がでました。これを受けてWikipedia:教育プログラムでウィキペディアを執筆するが用意されましたが、私なりに補足したいと思います。

なお、このエントリーはja.wikipediaの管理者の方々、記事執筆者(wikipedian)の方々、授業でWikipedia編集を行わせた方に伺った話をnext49が解釈したものになっております。不適当な部分の責はnext49にあります。また、本エントリーの著作権はnext49が保持し、クリエイティブ・コモンズ 表示(CC-BY)ライセンスの下に提供します。

お願い

私はネット上ではnext49として活動しておりますので、私が誰だかわかってもネット上ではnext49として接していただければと思います。よろしくお願いいたします。

ja.wikipediaの大前提

日本語版Wikipedia(以下、ja.wikipedia)の管理者は完全なボランティア業務です。営利企業のように常時対応できる担当者というものがおりません。このため、何かトラブルが生じたとき、何か要望をしたときに、それに対する対応を誰かが必ずしてくれるとは限りません。本業の合間を縫って、数多くあるトラブルや要望に優先順位をつけつつ、ボランティアの精神の下で管理業務をしている人が複数人いるだけであると認識しておきましょう。

また、「ラウンドテーブル:ウィキペディアと科学史――知識とコミュニケーションを考える」でも話題がでましたが、wikipediansという組織化されて、ある程度の統一的意思決定機構を持つ謎集団は存在しません。Wikipediaを編集するという趣味を持った人が点在し、たまにネットで言葉を交わしているだけです。wikipedianにja.wikipedia改革とか、ja.wikipediaの普及などの役割を勝手に担わせるのはやめましょう。

必ず授業ページを準備すること

授業でWikipedia編集を行わせるときには必ずトラブルが発生し、何時かのタイミングでja.wikipedia管理者と連絡をとるときが必ず来ます。一方で、上述のとおりja.wikipediaの管理者はボランティア業務であり、トラブルに常時対応できる人はおりません。結果として、管理者がトラブルに気づいたときに、当該トラブルの責任をとれそうな人の連絡先を探し出し、連絡することになります。ですので、ja.wikipediaの管理者ができるかぎり簡単に、あなたの連絡先を探し出せるようにあなたの連絡先、今回の授業で扱っている範囲(ページ)、参加している学生(編集者)などを探し出せるようにしておきましょう。

その最初の一歩として、教師は必ずja.wikipediaにアカウントを作成しましょう。

アカウント作成後の具体的なTipsはWikipedia:教育プログラムでウィキペディアを執筆するの以下の部分に該当します。

  • 講師側はウィキメールを設定しましょう
  • 実施する内容を実施者(教員)の利用者ページのサブページとして作成しましょう
  • 受講者一覧を作成しておくと何かあった時に管理者の作業が楽です

ウィキメールというのはja.wikipediaのアカウントを持っている人へのメッセージを、事前に登録したメールアドレスに転送する機能です。管理者が教師に連絡を取りたい場合は、ウィキメールで連絡をとることができます。

また、2番目と3番目はトラブルを起こした生徒/学生から、責任者である教師を見つけやすくするための措置です。受講者一覧を作成するためには生徒/学生にもja.wikipediaのアカウントを作成させる必要があります。

参考として利用者:さえぼー/英日翻訳ウィキペディアン養成セミナーをご覧ください。

生徒/学生のアカウント名と実名を関連付けさせないこと

Wkipediaでは記事を編集した際に「誰が」編集したのかが編集履歴に残ります。このため、授業で生徒/学生がどの記事をいつ、どのくらい編集したのかを評価する際には生徒/学生にja.wikipediaのアカウントを作成させる必要があります。その際に注意すべきことは生徒/学生のアカウント名と実名を関連付けさせないことです。本人がネット上での実名の公表についての利点・欠点について十分に理解し、また、十分な覚悟を持っていない限り生徒/学生にネット上で実名を明らかにさせるべきではありません。また、TwitterやAmazonなどのユーザ名とも重複させないように注意を促しましょう。

具体的なTipsはWikipedia:教育プログラムでウィキペディアを執筆するの以下の部分に該当します。

  • アカウント作成の方法とログインの仕方 - Help:ログイン
    • twitterなどとつながらないようにするなど、慎重にアカウント名を考えましょう。実名でのアカウント作成はすすめません。

生徒/学生にアカウントを作成させるときは同時に一斉に作成させないこと

多くの学校のネットワークの構成では、校内のパソコン教室や校内無線LANが外部から見ると1つのIPアドレスにまとめられていることが多いです。このため、校内のパソコン教室や校内無線LANから、生徒/学生がアカウントを同時に作成し始めた場合、ja.wikipediaから見ると、1つのコンピュータから連続的に大量のアカウント作成操作が始まったように見えます。この1つのコンピュータから連続的に大量のアカウント作成操作を行うというのは典型的なサイバー攻撃です。このため、ja.wikipediaはサイバー攻撃を防ぐために、そのコンピュータからのデータを遮断します(「IPブロック」あるいは「ブロック」という)。この結果、校内のパソコン教室や校内無線LANからja.wikipediaにアクセスできない or アカウント作成できない or 記事の投稿ができないという状態になります。

具体的なTipsはWikipedia:教育プログラムでウィキペディアを執筆するの以下の部分に該当します。

  • アカウント作成の方法とログインの仕方 - Help:ログイン
    • 同一IPで同時にアカウントを作成するとMediaWikiの仕様で新規アカウント作成が禁止されることがあります。

実際の運用としては以下のどれかが現実的だと思います。

  1. アカウント作成締め切り日時を伝えて、それまでに各自でアカウントを作成してもらう
  2. 各自が持っているスマートフォンから電話回線越しにアカウントを作成してもらう(校内無線LAN経由にしないこと)
  3. 事前にja.wikipediaの管理者とコンタクトをとり、大量アカウント作成権限を付与してもらった上で、教師が生徒/学生のアカウントを作ってあげる

すでにその学校からja.wikipediaに悪さしてブロック処置がされている場合があります。事前にアカウント作成できるのかも確認しましょう。以下参考ツイート


このあたりの話がさっぱりわからない場合は、コンピュータに詳しい方(大学なら技術職員、情報~センターの職員、コンピュータ詳しい学生など。高校ならコンピュータ詳しい先生)を授業チームに含めることをお勧めします。ja.wikipediaの管理者の方々、記事執筆者(wikipedian)の方々、授業でWikipedia編集を行わせた方に伺ったことからすると、このトラブルは結構な頻度で発生しています。

生徒/学生にWikipediaの使い方および記事の作成の仕方、ネット上での一般マナーを教えること

私の考えでいえば、いきなり生徒/学生にWikipediaで記事を書けと言っても、その難易度は非常に高いです。生徒/学生の前提知識をよく把握した上で、どの段階から事前学習が必要なのかを検討しましょう。具体的なTipsはWikipedia:教育プログラムでウィキペディアを執筆するの以下の部分に該当します。

事前学習をしましょう

上記の他にも生徒/学生の前提知識に応じて、より根本的なところから説明した方が良いかもしれません。

  • 共有パソコンを利用する際の注意事項(ログアウトの徹底、検索履歴、入力履歴など)
  • 閉じたSNS(FacebookやLINEなどの友達しか閲覧できないWebサービス)と開いたSNS(TwitterやInstgramなど基本的に世界中の人が閲覧できるWebサービス)・Wikipediaの違い
  • どのような資料がWikipediaの記事を書く際に信頼できるのか→Wikipedia:信頼できる情報源
  • Web上のコミュニケーション(特に文字ベースのコミュニケーション)について→Wikipedia:児童・生徒の方々への「あなたがもし、注意されたら」
  • 電子メールの使い方(最近の生徒/学生はLINEなどで連絡し、電子メールを使わないため。ウィキメールの設定や対応時に電子メールが必要)
  • トラブル発生時の対応(必ず教師に相談するように伝える)

教師の許可なしには記事の投稿を許さないこと

著作権や言葉遣いの問題などで記事が削除されたり、炎上したりする可能性があります。記事を投稿させる前に教師(あるいは授業チーム)が必ず目を通しましょう。

具体的なTipsはWikipedia:教育プログラムでウィキペディアを執筆するの以下の部分に該当します。

すべての記事は利用者ページの下にあるsandboxに書き留めさせます。このsandboxの記事を教師および授業チームが確認した上で、sandboxから「移動」機能で新規記事を作成させるようにしましょう。

執筆記事候補は教師が事前に用意した方が良いこと

授業で生徒/学生にWikipediaの編集を体験させるという目的からすると、作成した記事で激論や編集合戦が発生するのは避けたいところです。

以上のことから、執筆記事候補は教師が事前に用意するのがベストプラクティスだと思います。具体的なTipsはWikipedia:教育プログラムでウィキペディアを執筆するの以下の部分に該当します。

  • 執筆記事候補の整理もしくはレベル感の設定をしましょう
    • 執筆依頼のリストから選んでみる
    • 推薦記事も受け付けてみる

なお、執筆記事候補を列挙する場合には、記事を執筆する生徒/学生にとって精神的負担にならないものを選ぶように注意しましょう(利用者:さえぼー/英日翻訳ウィキペディアン養成セミナーの際にはテロや戦争など暴力とセックスが絡む記事は生徒/学生が翻訳したり、資料を読み込んだりしていくうちに、つらくなってしまいギブアップしてしまうこともあったそうです)。

生徒/学生に提示する適切な記事見本をいくつか用意した方が良いこと

記事を新規作成させる場合は見本となる記事をいくつか用意することをお勧めします。何人かのwikipedianの方からおすすめされたのはWikipedia:良質な記事から見本を選ぶことでした。その中で利用者:逃亡者さんが書いた記事などが長さやテーマ的に良い見本になるのではないかと勧められました。

いくら良い記事だとしても、注釈や参考文献が100近く並ぶような記事地方病 (日本住血吸虫症)を記事見本として提示して、生徒/学生の心を折らないようにしましょう。
具体的なTipsはWikipedia:教育プログラムでウィキペディアを執筆するの以下の部分に該当します。

授業の準備が終わったらTwitterの#jawpに授業の宣伝をすること

何人かのja.wikipediaの管理者やwikipedianが眺めているTwitterのハッシュタグが#jawpとのことです。授業の準備が終わったら#jawpに授業の宣伝をしておきましょう。そうすれば、それとなくja.wikipediaの管理者やwikipedianの方がサポートしてくれるかもしれません。

具体的なTipsはWikipedia:教育プログラムでウィキペディアを執筆するの以下の部分に該当します。

なにかあったとき

  • もし質問を受けた時は、必ず返信しましょう。また相手にウィキメールを送ることも方法です
  • Wikipedia:管理者伝言板やWikipedia:メーリングリストもあります
  • twitterでは#jawpがハッシュタグです