NHK取材メモ流出事件にともなうNHKからColaboへの謝罪FAQ

何の話?

2023年12月14日にNHKがColaboへ謝罪のため訪問したことに対する言説についての話です。
おもにこういう言説。
togetter.com

NHK取材メモ流出事件って何?

日本経済新聞2023年12月1日「NHKの取材メモがネットに流出 派遣スタッフ認める」より

ネット上に流出した文書は、若年女性を支援する一般社団法人「Colabo(コラボ)」がインターネット上で誹謗(ひぼう)中傷を受けた問題を取り上げる旨の企画概要のほか、実際に中傷に加わった取材対象者へのインタビューの文字起こしなど。「放送希望」として「12月1日 『首都圏ネットワーク』で5分程度」との記載もあった。

NHKによると、派遣スタッフは、取材対象者が中傷に加わったきっかけとして挙げていたX(旧ツイッター)のアカウントに、情報を流したと説明。このアカウントの持ち主が「放送されるかもしれないとタレコミがありました」と投稿し、文書をダウンロードできるようにして拡散させた。

コラボ側は、このアカウントの持ち主が名誉を毀損したとして提訴している。会見したNHKの小形修一リスクマネジメント室長は「流出先としてあってはならないところに流れてしまった」と述べた。

11月28日に取材対象者から担当記者に連絡があり、流出の可能性が発覚。取材メモに接することができた人物を調査した結果、派遣スタッフが12月1日に流出を認めた。

別の説明のしかた。2023年12月1日のNHKの会見を取材したTBSラジオ澤田大樹記者のコメント。
miyearnzzlabo.com

(澤田大樹)なにがあったか?っていうと、NHKの記者が作成したインタビューの取材メモなどがインターネット上に流出したという。これ、NHKサイドが今日、認めたということですね。で、ネットに流出した文書というのは若年女性を支援している一般社団法人Colaboという団体があるんですけど。そこがネット上で誹謗中傷をずっとこの間、受けていて。それについて取り上げる企画の企画書とそのインタビュー内容が流出したんですけど。その誹謗中傷に加担をしていた、とある人をNHKがインタビューしていて。で、その模様が出ちゃった。企画書込みで。

で、その情報が出てしまった相手というのが、その誹謗中傷に加担をしていたという人がネタ元にしていたアカウント。そのアカウントに対して情報が流出していた。だから、その震源地に対して「こんな企画がありますぜ」っていうのが流れたわけです。

NHKも被害者では?

確かにNHKもNHKの子会社から被害をうけたわけです。ですが、NHKから取材を受けた側からみれば、それはNHKの内部事情であり、謝罪する主体はNHKです。これは過去の企業や自治体・行政の不祥事を見てもそのような扱いになっています。

たとえば2014年におこったベネッセの個人情報流出事例は業務委託先社員が流出の原因でしたが、顧客への賠償や謝罪はベネッセが行っています。
www.benesse.co.jp

取材内容が番組に使われなかったことを謝罪するならばわざわざ出向く必要はないのでは?

私も昔、NHKで取材をうけたときに取材内容が番組で使われなかった件について取材に来たディレクタ(取材の責任者、番組の責任者は別途いる)に電話で謝罪を受けたことがあります。直接、謝罪に来ませんでした。ですが、今回の件は単に「取材内容が番組に使われなかったこと」でないのが問題でした。

報道関係者やライターの方々は今回のNHK取材メモ流出事件を以下のように認識しています。
miyearnzzlabo.com

(えのきどいちろう)構造は昔、筑紫哲也さんがTBSで「TBSの報道は死んだ」って言った事件……オウムの幹部に坂本弁護士のインタビューのビデオを見せていたっていう。あの構造にすごく似ているんですけど。僕ら、ライターで言うと「ネタ元を守る」っていうことはすごい重要なんですよ。情報源を守るって、すごい大事で。もう基本中の基本なんですけど。それで、この話はどういう話か?っていうと、ものすごく大雑把に言うと誹謗中傷を受けていた人がいて。その人に対して誹謗中傷をしていた人にNHKが取材に行ったりしていて。「どういう感じで誹謗中傷していたの?」っていうのを……つまり「誹謗中傷していた側がこういうことを言ってましたよ」みたいなのが流出して、その他の誹謗中傷をしていた人がそれを知ってしまうと、ネタ元を守らない状態になってしまうっていうことなんですね。

以上のような報道の原則からすると問題外の事件なので、直接説明・謝罪に出向いているのだと思います。

なんで謝罪の場に記者がいるの?

Colabo側がNHKが来ると報道各社に伝えたためだと思われます。ポリタスTV 12/1放送回(12/18 19:00まで無料視聴可、以降はメンバー限定放)の15:22ぐらいからこの件について取材にいった件が話されています。何社か取材に来ていたとのことです。
www.youtube.com

NHKは説明に来たといっているので謝罪に行ったわけではないのでは?

今回のような事件が起こった際に謝罪なしで説明して、相手に聴いてもらえると考える人はいません。NHKの方がまともな社会人でなによりだったと思います。

謝罪の場面を写真に撮って公開するのは相手の面子をつぶす行為になるので避けるべきでは?

一理あると思います。しかし、Colabo側はそれを重視しなかったのでしょう。本件は、NHKがColaboに謝罪すべき事件であると記録に残す観点からこのようにしたのだと思います。上のポリタスTVでの仁藤氏が強調している点「単なる流出事例でなくColaboへの攻撃の一環である」を社会に訴えたかったのでしょう。取材協力したのにそれを無駄にされたColabo側の交渉の一環だと思います。

インタビューを受けた元加害者の男性にまず謝罪すべきでは?

すでに謝罪済みとのことです。 2023年12月1日のNHKの会見時にNHKはインタビューの相手に謝罪したとしたと述べたとのことです。

NHKはインタビューの相手に謝罪したとしている。
日経新聞12月1日より)

追記:当人も謝罪を何度も受けたといっています。

Colaboは謝罪をうける立場にないのでは?

NHKが謝罪と説明に出向いているという事実があるのでこの疑問自体が不思議です。単純に考えてColaboは取材を受けていたのでしょう。以下の産経新聞の報道のとおり、Colaboが誹謗中傷を受けていたという企画なのですから、誹謗中傷した側だけでなく、誹謗中傷されたColaboに取材があるのは自然な結論だと思います。

ネット上に流出した文書は、コラボがインターネット上で誹謗中傷を受けた問題を取り上げる旨の企画概要や、実際に中傷に加わった取材対象者へのインタビューの文字起こしなど。
産経新聞:NHKがコラボに謝罪 メモ流出の取材に協力

暇空茜にも謝罪をすべきでは?

暇空茜はリークされた取材メモをWebに公開して番組をつぶし、NHKの業務を妨害した人なので、NHKに謝罪する側だと思います。

杖なのか三脚なのかでやりあっているのは何なの?

自民党所属 川崎市議会議員 浅野文直氏が以下のツイートをし、それに対して「杖じゃなくて三脚だろう」と応答した人がでたところ、「三脚じゃない杖だ」というやりあいに発展しました。

Colabo擁護派は杖だったのを三脚だとしているという批判のネタにされています。
togetter.com

ちなみに、私も安田浩一氏のツイートをみたときは三脚だと思いました。

また、 浅野氏のポストは単なる難癖だと思っています。

謝罪は非公開でないの?

冒頭のあいさつだけ公開、その後は非公開だったとのことです。

追記:なぜ、Colaboへの謝罪が大々的に報道されているの?

はてなブックマークコメントより。

何故Colaboがこんな大掛かりに謝罪を受け、大々的に報道されたのか全く説明できていない(被害者本人はベタ記事のみ)

Colabo側が記者とのコネクションを持っており、かつ、NHKが来訪することを記者に声掛けをしていること、また、声をかけられた記者がColaboへの攻撃やNHKの取材メモ流出を問題視していることから報道の量に差がでているのだと思います。これまでの活動の差かと。

年末の寄附

先日聞いたSessionの特集「なぜ、日本では寄付文化が根付いていかないのか?」では少額でも継続寄付の方がありがたいとの話だったが、まだ踏ん切りがつかないので単発寄付で。
www.tbsradio.jp

パレスチナ支援、アフガニスタン地震支援に各10,000円を空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"に寄付した。
空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"

広く難民支援に25,000円を国連UNHCR協会に寄付した。
国連UNHCR協会

いろいろと大変そうなColaboに些少ながら20,000円を寄付した。
一般社団法人Colabo(コラボ) – Colabo(コラボ)は中高生世代を中心とする10代女性を支える活動を行っています!

メモ:「あの子もトランスジェンダーになった SNSで伝染する性転換ブームの悲劇」の刊行中止

メモ作成途中

当該書籍

Internet Archive WayBack Machine(2023年12月3日保存)
web.archive.org


en.wikipedia.org

(DeepL訳)
取り返しのつかないダメージ: 私たちの娘たちを誘惑するトランスジェンダーの熱狂」はアビゲイル・シュリアーによる2020年の著書で、レグナリー・パブリッシングから出版され、急速発症性同一性障害(ROGD)という物議を醸す概念を支持している[1][2][3]。ROGDは主要な専門機関によって医学的診断として認められておらず、信頼できる科学的証拠に裏付けられていない[1]。

シュリアーは、2010年代に「思春期の少女の間でトランスジェンダーであることが突然、深刻に急増した」と述べており、これは出生時に女性と割り当てられたティーンエイジャーを指している[4][1]。シュリアーはこれを「過去数十年間、拒食症や過食症、あるいは多重人格障害の餌食となった、不安感が強く抑うつ的な(主に白人の)少女たち」の間での社会的伝染によるものだとしている。 [4] シュリアーはまた、若者の性別違和の治療法として、ジェンダーを肯定する精神科的支援、ホルモン補充療法、性別適合手術(これらをまとめて「ジェンダーを肯定するケア」と呼ぶことが多い)を批判している[5]。

この本に対する反応は様々である。肯定的な書評はほとんどがシュリエの論文を支持するものであったが、批判の多くは、この本が逸話を使用していることや、その証拠に関するその他の問題に焦点を当てたものであった。本書が反トランス的であり、トランスマスやノンバイナリーであるティーンエイジャーを指すのに「彼女」という言葉を使うことをミス・ジェンダーとして特徴づける本書に対するボイコットもいくつかあった。

報道

www.itmedia.co.jp

KADOKAWAは12月5日、2024年1月に発売予定だった書籍「あの子もトランスジェンダーになった SNSで伝染する性転換ブームの悲劇」の刊行を中止すると発表した。書名や、発行前に公表された概要について、Xなどで議論や批判が起き、発行中止を求める声も出ていた。

 同社の学芸ノンフィクション編集部は「タイトルやキャッチコピーの内容により結果的に当事者の方を傷つけることとなり、誠に申し訳ございません」と謝罪している。

digital.asahi.com

KADOKAWAは5日、来年1月24日に発売予定だった書籍「あの子もトランスジェンダーになった SNSで伝染する性転換ブームの悲劇」(アビゲイル・シュライアー著、岩波明監訳、村山美雪・高橋知子・寺尾まち子共訳)の刊行を中止した。同日夜、同社ウェブサイトで発表した。

mainichi.jp

KADOKAWAは5日、来年1月に予定していたアビゲイル・シュライアーさんの著書「あの子もトランスジェンダーになった SNSで伝染する性転換ブームの悲劇」の刊行を中止すると発表した。題名やキャッチコピーが「結果的に当事者の方を傷つけることとなり、誠に申し訳ございません」と謝罪した。

www.yomiuri.co.jp

KADOKAWAは5日、来年1月24日に刊行予定だった、アビゲイル・シュライアー『あの子もトランスジェンダーになった SNSで伝染する性転換ブームの悲劇』(岩波明監訳)の刊行を中止すると発表した。刊行の告知直後から、本書に関して様々な意見が寄せられたという。

www.sankei.com

KADOKAWAが来年1月に予定した書籍「あの子もトランスジェンダーになった SNSで伝染する性転換ブームの悲劇」の刊行中止を発表したことを巡り、著者のアビゲイル・シュライアーさんは6日、X(旧ツイッター)に「活動家主導のキャンペーンに屈することで、検閲の力を強化することになる」と書き込み、同社の対応に苦言を呈した。シュライアーさんの著書に関してはSNS(交流サイト)で「差別助長につながる」などといった投稿が相次いでいた。

www.tbsradio.jp

原著が依拠している論文への批判

ja.wikipedia.org

性別違和の亜型として提唱され、仲間からの影響や社会的伝染によって引き起こされると言われている急速発症性性別違和(ROGD)という概念については論争がある[1][2]。
~中略~

2021年、アメリカ心理学会と数十の専門家・学術団体を含む連合は、信頼できる科学的根拠がないことを理由に、ROGDと「類似の概念」を診断や臨床の場で使用しないよう求める声明を発表した。声明はまた、親や臨床医を対象としたROGDにまるわる誤情報の拡散や、米国でトランスジェンダーの青少年の権利を制限する法律を正当化するためにこの概念が使用されていることを批判した[6]。

www.technologyreview.jp

~前略~

この論文で調査対象となった親は、明確な反トランスジェンダーまたはトランスジェンダーに懐疑的な立場を取っているWebサイトや掲示板で募集されていたことから、論文が公開されるとほぼ瞬時に批判が集まった。~中略~

リットマン医師の論文は、ある種の転機となった。ROGDのような理論や噂は論文が公開される前から存在していたが、一部のネット上でささやかれている程度だった。だが、リットマン医師の記述的研究はそれに正当性を与えてしまった。その後、ROGDは独り歩きを始めた。自身を「ROGDの子どもを持つ親」だとする人々が、ネット上で互いを助け合うためのグループを結成した。アビゲイル・シュライアーが著した反トランスジェンダー本『Irreversible Damage: The Transgender Craze Seducing Our Daughters(修復不能なダメージ:私たちの娘たちを誘惑するトランスジェンダーという狂気)』(2020年刊、未邦訳)は10万部以上が売れ、極めて人気の高い保守系のポッドキャストで紹介され続けている。ROGDという理論を言いふらすユーチューブ動画は、再生回数が数十万回にのぼっている。成人の性転換に関連する医療費をメディケイド(医療扶助事業)の対象から外そうとするフロリダ州の試みに関するメモのように、反トランスジェンダーの法案を正当化する文書でリットマン医師の研究は幾度となく引用されている。
~後略~

Science-Based Medicine上での原著に対する書評および批評

Hall博士の原著への書評が掲載停止なってからの記事を追えば、原著が科学的にダメな理由がおおよそわかりそうなのでメモ。

sciencebasedmedicine.org

en.wikipedia.org

(DeepL翻訳)
Science-Based Medicineは、科学と医学の問題、特に医療詐欺や医療行為を取り上げた記事を掲載するウェブサイトとブログである[2]。2008年に設立され、New England Skeptical Society[3]が所有・運営し、Steven NovellaとDavid Gorskiが運営している[4]。

以下のScience-Based Medicineの記事は、ページ中央ぐらいにある「Translate Page」というGoogle翻訳により日本語翻訳に切り替えるボタンがあるので日本語で読める。

まず、Science-Based Medicine上でHall博士の書評が掲載され、それが掲載停止になる。

2021年6月15日:Harriet Hall "Book Review: Irreversible Damage: The Transgender Craze Seducing Our Daughters, by Abigail Shrier"
sciencebasedmedicine.org

(DeepL訳)
慎重に検討した結果、SBM編集部はこの書評を撤回することを決定した。SBMでは、効率性と迅速性の観点から、信頼できる著者には事前の査読なしで出版することを認めているため、出版後に訂正が必要になることもある。今回のケースでは、関連する科学の扱いに問題が多く、SBMの基準を考えると、このまま記事を掲載することは適切ではないと考えた。

Skepticで掲載された当該のHall博士の書評
www.skeptic.com


編集部の一人Novella氏による掲載中止の理由説明とHall博士の書評および原著への批判。
2021年6月30日:Steven Novella. "The Science of Transgender Treatment"
sciencebasedmedicine.org

アビゲイル・シュリアー氏の物語、そして残念ながらホール博士の論評は、科学とケアの標準を著しく誤って伝えており、トランスジェンダーケアへの科学に基づいたアプローチについての有意義な議論の水を濁してしまいました。彼らは主に逸話、外れ値、政治的議論、厳選された科学に基づいて主張を展開しますが、その主張は無効です。


トランスジェンダーの成人や若者にアファーマティブ・ケアを提供する家庭医(family physician)のLovell医師の批評。
2021年7月2日:Rose Lovell. "Abigail Shrier’s Irreversible Damage: A Wealth of Irreversible Misinformation"
sciencebasedmedicine.org

総合すると、トランスジェンダーの科学と医学を正直に理解しようとしている人には、この本をお勧めできません。シュリアーは、複雑な分野のニュアンスを探求するのではなく、彼女の特定の論点を証明するために本を書きました。いくつかの正当な懸念(例えば、移行を継続しない、または移行解除を選択した人々をどのようにサポートするかなど)はあるかもしれないが、シュリアーの本の全体的な物語は偏った言葉と誤った情報によって非常に汚染されており、それ自体の正当性が疑問視されています。 。また、私は、この本や類似の本が、トランスジェンダーの若者が切実に必要な医療を受けられないようにするための主要な情報源として今後も使用され続けることを非常に懸念しています。

Eckert博士の批評その1
2021年7月2日:AJ Eckert. "Irreversible Damage to the Trans Community: A Critical Review of Abigail Shrier’s Irreversible Damage (Part One)"
sciencebasedmedicine.org

『不可逆的ダメージ』は政治的に保守的な会社レグナリー・パブリッシングによって出版され、「トランスジェンダーの流行に巻き込まれた生物学的な十代の女性」に光を当てると主張している。イェール大学ロースクールで法学博士号を取得したフリージャーナリストのシュリアー氏は、自身の告白によれば、本を書く前は性別違和についてほとんど知らなかった。彼女は人体解剖学、心理学、内分泌学についてほとんど理解していないことも認めています。(それが示している。)

本のタイトルだけでも扇動的で誤解を招くもので、明らかにシュリア氏の本のターゲット層である心配する親たちに警告を与えることを意図している。シュリアーは読者に訴えかけるために感情的な言葉を全体を通して使います。彼女の本には、逸話的なレポート、意見記事、最小限の引用研究が組み合わされて紹介されています。彼女が引用した研究は誤解されているか、彼女が信頼できると考える専門家のみを厳選して含まれており、その全員がトランスジェンダーの健康と研究において問題のある実績を持っている。彼女の「Select Bibliography」には、この投稿の付録として注釈付きバージョンが含まれており、同様に問題のあるリソースがリストされています。

Eckert博士の批評その2
2021年7月18日:AJ Eckert. "Irreversible Damage to the Trans Community: A Critical Review of Abigail Shrier’s Irreversible Damage: The Transgender Craze Seducing Our Daughters (Part Two)"
sciencebasedmedicine.org

上記のLovell医師とEckert博士の批評についての間違いを指摘するジャーナリストSingal氏の記事。
2021年7月20日:Jesse Singal. "Science-Based Medicine's Coverage Of "Irreversible Damage" Included About 19 Errors, False Claims About Three Sex Researchers, Made-Up Quotes, And Endless Misinformation"
jessesingal.substack.com

Singal氏の記事へのLovell医師とEckert博士反論記事
2021年9月2日:Rose Lovell. "About those “19 errors,” part one"
sciencebasedmedicine.org

2021年9月5日:AJ Eckert. "About those “19 Errors,” Part Two"
sciencebasedmedicine.org

Hannah Barnes著「Time to Think: The Inside Story of the Collapse of the Tavistock's Gender Service for Children」

英国のタヴィストック診療所のGender Identity Development Service (Gids)で行われていた子供・未成年への思春期ブロッカーの投与および性別変更処置についての問題を告発した本が出版されている。トランスジェンダーの方は実際におり、子供のころから性別違和に苦しんでいるのは事実だけれども、一方で子供・未成年への十分な時間や確認をとらない思春期ブロッカーの投与および性別変更処置が行われていたというのも事実みたい。

Amazon: Hannah Barnes著「Time to Think: The Inside Story of the Collapse of the Tavistock's Gender Service for Children」

en.wikipedia: Time to Think: The Inside Story of the Collapse of the Tavistock's Gender Service for Children
en.wikipedia.org

(DeepL訳)
Time to Think: The Inside Story of the Collapse of the Tavistock's Gender Service for Children』は、BBCニュースナイトの調査ジャーナリスト、ハンナ・バーンズによる2023年のノンフィクションである。本書は、タヴィストック・アンド・ポートマンNHS財団トラストを拠点とするNHSのジェンダー・アイデンティティー開発サービス(GIDS)について書かれたものである。

Time to Think』は批評家から好意的な評価を受け、バーンズのジャーナリズムを称賛した。

タヴィストックの話を紹介しているブログ。
news.yahoo.co.jp


The Gurdianでの当該の本のレビュー
www.theguardian.com

思春期ブロッカーなどに関するFAQ。ただし、米国の話。ページ半ばのGoogle翻訳ボタンで日本語訳が読める。
sciencebasedmedicine.org

(Google翻訳)
GnRH類似体(思春期ブロッカー)は、1993年以来米国で未成年者への使用がFDAから承認されている

ゴナドトロピン放出ホルモンアゴニスト(GnRHa)とホルモン補充療法は、内分泌学会によって青少年にとって一般的に安全であると考えられています。

思春期の抑制は完全に回復可能であると考えられている

Ubuntu 22.04 LTS でGit Credential Managerを使う

GitHubのリポジトリにHTTPS経由でPUSHするためにはGit Credential Managerを使う必要がある(パスワードでのログインが2021年で終了しているため)。Git Credential Manger をインストールする際のメモ。

github.com

事前設定

Credential storesの記載にしたがいながら設定する。

まず、gpgとpassをインストールする(該当個所)。

% sudo apt install gpg
% sudo apt install pass

GPGを使えるようにしたり、パスワードを保存しておくディレクトリの作成を行う。としてGitHubのユーザ名を使用した。

% git config --global credential.credentialStore gpg
% pass init <gpg-id>
% gpg --gen-key

次にキャッシュの設定を行う (該当個所)。

% git config --global credential.credentialStore cache
% git config --global credential.cacheOptions "--timeout 300"

Git Credential Managerのインストール

Debianパッケージを利用する (該当個所)。

最新版からDebパッケージをダウンロードしてくる。
github.com

以下の例でのダウンロードURLは最新版のものにすること。

% wget https://github.com/git-ecosystem/git-credential-manager/releases/download/v2.4.1/gcm-linux_amd64.2.4.1.deb
% sudo dpkg -i gcm-linux_amd64.2.4.1.deb
% git-credential-manager configure

初回アクセス時

ログインが必要な処理(git clone, git push, git pull)を行う初回時にGit Credential Manager経由でログインを行う。なお、日本語環境で運用していると「fatal: Default font family name can't be null or empty」というメッセージがでてうまくいかない。Git Credential Manager (GCM) でGithubへの認証をセキュアに実現する (Windows, WSL2, Linux)で記載のとおり、英語環境でgitコマンドを実行する。

% LC_ALL=C git clone https://github.com/...

すると、別ウィンドウが起動し、Git Credential Manager経由でGitHubにログインし、キャッシュの設定期間の間、GitHubのログインを自動化してくれる。

ASRock B550 Pro4 搭載機で画面に何も映らない状態になった

久方ぶりのパソコントラブルなのでメモ。

環境

2020年ぐらいに購入したカスタマイズパソコン。マザーボードはASRock B550 Pro4

現象

本来は電源ボタンを押したあと、ビープ音が鳴り、ディスプレイにASRockのロゴがでる。その後、Windowsが起動する。しかし、電源ボタンを押してもビープ音が鳴らず、いつまでたってもディスプレイに何も表示されない(シグナルなしというメッセージがディスプレイにでる)という状態になってしまった。

対処法

ボタン電池(CR2032)と電源を外して数時間放電し、その後、新しいボタン電池と交換したら復旧した。

解決してから気づいたけど、マザーボードに稼働状況を知らせるランプみたいなのがあったので、同様のトラブルがある人は取り扱い説明書を探して、そのランプでエラー判別をするのが良いと思う。

検索したときにみつけたASRock B550 Pro4 に関する別のトラブル事例

「Ryzen 5000系を使っているのだけど画面が表示されない」というトラブルについて、ASRock B550 Pro4 はハードウェア的には対応しているがファームウェアのアップグレードが必要で、アップグレードはPC起動中にしかできないという情報があった。
bbs.kakaku.com