読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボジョレー・ヌーボー的アレ。高橋&浜の本

メモ

市況かぶ全力2階建:経済危機ジャンルのノストラダムス本、浜矩子・高橋乗宣コンビの最新作は「2016年日本経済 複合危機襲来の年になる!」を読んで「本当かよ」とおもったのえAmazon.co.jpで検索した結果をまとめる。いかに列挙したもの以外にもいろいろあったが、翌年の見通しを語る系の本を抜粋。

96年から99年まで、「本当にどうなのか」のシリーズで似たようなことをやっているのだけど、2000年から出版社変わって煽るタイトルに変えたっぽい。

2000年から「20XX年〜」という本を東洋経済新報社から出している。たぶん一番アレなのは東洋経済新報社。「20XX年〜」という本は前年の11月に出ている。どれくらい高速出版なのかわからないけど1か月前としてもおそくとも10月に書き終えているのではないかと。

2004年は「景気よくなったかな」と6月に “カミカゼ”景気―ダイナミックな回復の始まりとだすもののすぐに11月には 2005年日本経済世界同時失速の年になる! となる。

2007年に出版すべき「2008年〜」はない。リーマンショックが起こったのが2008年9月。そのすぐあとの12月に世界恐慌の襲来―日本経済は「最悪の10年」に突入するが出版されている。なので、2007年に心折れて(あるいは出版社の心が折れて)一度止めたけど、リーマンショック起こって「やっぱり、いける!」と思って再び始めたのではないかと。

ちなみに、Amazon.co.jpによると高橋&浜ペアの初出は 1987年のヘビーデューティの経済学―危機のあとに見えるもの

出版年 著者&書名 出版社
2015 高橋、浜: 2016年日本経済 複合危機襲来の年になる! 東洋経済新報社
2014 高橋、浜: 2015年日本経済 景気大失速の年になる! 東洋経済新報社
2013 高橋、浜: 2014年 戦後最大級の経済危機がやって来る! 東洋経済新報社
2012 高橋、浜: 2013年世界経済総崩れの年になる! 東洋経済新報社
2011 高橋、浜: 2012年 資本主義経済 大清算の年になる 東洋経済新報社
2010 高橋、浜: 2011年日本経済 ―ソブリン恐慌の年になる! 東洋経済新報社
2009 高橋、浜: 2010年日本経済―「二番底」不況へ突入する! 東洋経済新報社
2009 高橋、浜: 2009-2019年 大恐慌 失われる10年 フォレスト出版
2008 高橋: 世界恐慌の襲来―日本経済は「最悪の10年」に突入する 東洋経済新報社
2007 -- --
2006 高橋: 2007年日本経済―長期上昇景気に陥穽あり! 東洋経済新報社
2005 高橋: 2006年日本経済―日米同時崩落の年になる! 東洋経済新報社
2004 高橋: 2005年日本経済世界同時失速の年になる! 東洋経済新報社
2004 高橋: “カミカゼ”景気―ダイナミックな回復の始まり  ビジネス社
2003 高橋: 2004年 日本経済 円高デフレの恐怖が襲来する! 東洋経済新報社
2002 高橋: 2003年日本経済 世界恐慌突入の年になる! 東洋経済新報社
2001 高橋: 2002年日本経済―21世紀型恐慌の最初の年になる! 東洋経済新報社
2000 高橋: 2001年日本経済 バブル後最悪の年になる! 東洋経済新報社
1999 高橋: 高橋乗宣の2000日本経済―本当はどうなのか ダイヤモンド社
1998 高橋: 高橋乗宣の’99日本経済―本当はどうなのか  ダイヤモンド社
1997 高橋: 高橋乗宣の’98日本経済―本当はどうなのか  ダイヤモンド社
1996 高橋: 高橋乗宣の’97日本経済―本当はどうなのか  ダイヤモンド社
1995 高橋: 老衰国家への危機―高橋乗宣が日本経済の半歩先を読む〈2〉  ごま書房
1995 高橋: 高橋乗宣が日本経済の半歩先を読む―平成七年前期  ごま書房
1989 高橋: 90年代日本人への警告―21世紀をめざして 今なら変革できる 二期出版
1988 高橋: 繁栄経済の落とし穴―円高・保護主義、日本はどうなる 学習研究社
1988 高橋、浜、岸: ヘビーデューティの経済学―危機のあとに見えるもの 平凡社
1987 牧野、高橋: 第三の経済危機―迫りくる“メガ・クライシス”にどう対処するか  ごま書房