読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LODRefine

RDF Refineの使い方で紹介されていたOpenRefine+RDFrefineがHTTP 500 when accessing OpenRefineのエラーで動かなかったので、LODRefineをインストールしてみた。

インストール

% cd 
% git clone https://github.com/sparkica/LODRefine.git
% cd LODRefine
% ./refine clean
% ./refine build
% ./refine

http://127.0.0.1:3333/ で LODRefine にアクセスできる。

RDFファイルの作成

bibtex-rubyを使ってMendeleyでエクスポートしたbibファイルをcsv形式にするで作成したCSVファイルを元にRDFファイルを作成する。

まず、LODRefineを起動する。

% ~/LODRefine/refine

次に http://127.0.0.1:3333/ にアクセスし、bibtex-rubyを使ってMendeleyでエクスポートしたbibファイルをcsv形式にするで作成したCSVファイル(my.csv)をアップロードする。

  1. 「参照」でファイルを選択
  2. 「Next」をクリックする

プロジェクト名を適当につける。その後「Create Project」をクリックする。


CSVファイルからRDFファイルを作成する。右上にある「RDF」をクリックし、「Edit RDF skelton ...」を選択する。

一番左の「(Row index)URI」という四角をクリックし、「ID」を選択する。各プロパティは適当に選択する。また、すべての要素を選ぶのは面倒なので適当に省く。

例えば私は以下のようにプロパティと要素を選択した。その後、「Save」をクリックし、保存する。

RDF Preview」というタグをクリックすると生成されるRDFの例をみることができる。これでよければ「OK」をクリックし、RDFの編集を終える。

「Export」→「RDF as Turtle」をクリックしてRDFをエクスポートする。

エクスポートしたRDFは、Virtuoso Open Source Edition 7.1に登録して、遊んでみる。