読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リンク:日米仏の思考表現スタイルを比較する

メモ

日本の文化によるものと思っていたら、100年前の教育改革の成果だったとは。

Q .日本の国語教育では書き方の様式を教えず、創作文を書かせませんが、それはなぜですか。

これには歴史的・文化的な背景があります。日本でも公立学校が設立された明治期には、むしろアメリカ以上に「型」から学ぶ形式模倣主義の作文教育が主流でした。ところが、大正期に子ども中心主義の新教育運動が世界的に広がると、明治の形式模倣主義への反省から、型を壊して子どもらしい文章表現を重視する「綴り方」が在野の文学者から提唱されました。綴り方は単に「書く技術」ではありません。子どもが体験や考えをありのままに書くことを通じて「人格修養」することを主な目的としていました。このアプローチが現場の教師に圧倒的な支持を得て、「生活綴り方」から戦時中の「国民学校の綴り方」へ、そして戦後も「学校作文」としてその精神は脈々と受け継がれ、現在に至っています。
〜後略〜

関連過去エントリー