読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

締め切り後提出の課題について「提出しました。ご確認ください。」と言われると

研究

「いや、お前が締め切り確認しろよ」と言いたくなる。「私はあなたに提出をお願いしていない。だから、あなたが提出を終えたことを私が確認しなければいけない義務はない。」と心狭くもそう思ってしまう。

継続的に課題をださなければならないなら、以下の要素を含んでいて欲しい。

  1. 提出したという事実の報告
  2. 締切後提出であることについての謝罪、理由
  3. 再発防止策の提示
〜先生

「所属」の「名前」です。

お忙しいところ失礼いたします。
〜の課題を「提出方法を書く」で提出いたしました。

課題の提出締切を守れず申し訳ございません。
「正当な理由があればそれを説明する」

今後はこのようなことがないように
「防止策を述べる」いたします。

「署名」

締め切り後提出が認められている(すでに再提出を命じられている)ならば「提出したという事実の報告」があれば良いと思う。

〜先生

「所属」の「名前」です。

お忙しいところ失礼いたします。
〜の課題を「提出方法を書く」で提出いたしました。

以上、よろしくお願いいたします。

「署名」

追記:「ご確認ください」は正しい敬語らしい

「ご確認ください」自体は正しい敬語の様子。