読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻殻機動隊の世界における期末テストとカンニング方法について答えなさい

問題

  • 前提
    • 人間の身体的機能は現在のものと同じであるとする。なお、認識は変わっていてよい。
    • 大学生が期末テスト受験者であると考える。つまり、体と脳の成長はすでに終わっているものとする。
    • 受験生および出題者、監督者(もしいるならば)、採点者の全員は電脳化されているとする。
    • 電脳を除く、義体の能力は受験生および出題者、監督者(もしいるならば)、採点者の全員が同じと仮定する。
    • ネットワークには受験生および出題者、監督者(もしいるならば)、採点者の全員がつなげられるものとする。
    • 基本的には出題者、監督者(もしいるならば)、採点者の方が受験者よりも金銭的コストを自由にできるものと仮定する。
    • 標準的な(教科書的な)知識は、ネット上に存在すると仮定して良い。
    • 現在において秘密として扱われている情報は、この世界においても同じく秘密として扱われる(この世界における秘密を保持できる技術で守られている)。
    • 技術的および時代的必然性を説明できる限り、未知の技術および理論を導入して良い。
  • 問1:この世界における学力とはどのように定義されるか?また、その理由は何か?
  • 問2:問1で定義した学力を育てるための授業はどのような特徴を持つか?また、その理由は何か?
  • 問3:その授業における期末テストとは何をどのように測定するものであるのか?また、その理由は何か?
  • 問4:その期末テストはどのように実施されるものであるのか?また、その理由は何か?
  • 問5:その期末テストにおいて、どのようなカンニング行為があり得るか。また、その行為が成立するのはなぜか?

私の考え

もし、電脳化というものが、超高速Google検索であるとするならば本質的に今と変わらない授業が行われると思う。特に積み上げ式の知識体系の場合。大学レベルだとわからないけれども、高校レベルの社会(地歴公民)、理科(物理、化学、生物、地学)は暗記の次の話が求められるのでエキサイティングなものになると思う。

攻殻機動隊の世界における計算機科学は、面白いことになるんだろうなぁ。まず、計算機科学は万人のものとなりコモディティかするのは確実。というのは、脳と直接やり取りできるレベルでデータの送受信ができるならば、標準的なことをやるのにプログラミング言語は不要になっているはず。現在でいう「身支度をするチェックリスト」レベルの認識で、現在プログラミングしなければならないことは全部できるはず。それぐらいの抽象化は確実にできている。その抽象化を行うため、あるいは、あらたなハードウェア(生体パーツ含む)の制御が行える仕組みを作るためのプログラミング言語を開発・実現・利用する計算機科学者を育てる課程が用意されているはず。

電脳化により五感を自由にいじれるのだから、任意のものを五感と対応させて認識させて良い。なので、プログラミング言語もそのときはどういうものになっているのか。五感に任意に対応させられるときの「人工言語」はどのような性質を持つのか。代入、逐次、分岐、ループを正確に表現し、それを作成者がちゃんと認識できるならば認識はなんだって良いはず。

追記:この世界における多様性とはどういうものか?

このエントリーのはてなブックマークコメントより。

  • ここのブログ主もそもそも洗脳とパターナリズムが根本思想だから、多様性といったものに価値を置いていないと推測される

批判部分は楽しくないけど、このエントリーの質問で「多様性」という言葉が出てくるのは面白い。

多様性というものがその人が正しいと思っている知識・仮説(人工知能の分野だとひっくるめてこれらを「信念」という)の量に応じて、発現するとするならば、電脳化により、みんなが手にいられる情報は望めば望むだけ瞬時に入手できる世界における多様性とはどういうものになるんだろうか。

  • 問6:この世界における「個性がある」「個性的」とはどういうことを指していうのか。また、その理由は何か?
  • 問7:この世界における「多様性」とはどういう概念か?また、その理由は何か?